5. フィールドノート

夜頃に子供向けの遊具がある場所で

30分程の行動観察をしました。

その際に記録したフィールドノートを

以下にまとめました。


①高校〜大学生の女子集団

⚪︎幼児用の小さなイスに座る:5人

   イスが足りずに立っている:3人

⚪︎集団でいるにも拘らず、しゃべらずに

   各々スマホに集中している。

→・スマホで話の種を探している?

    ・話をすることが目的ではなく

        ただ一緒にいることに意味がある?


〈感想〉

女子は集団だと周りの目を

気にせずにいられるのではないか?

→× 同じ年齢層の女子集団が

       遊具で遊ばずに通り過ぎる。1人が

     「人目を気にするタイプ」だと言って

       他の人も一緒に去る。

   

② 母親

⚪︎子供が遊んでいる様子を撮るため

   スマホを構えて見守る。


 ⚪︎子供に引っ張られるがまま一緒に遊ぶ

 →嫌がっている様子は見受けられない。


⚪︎走り回る子供を見守る。

1. 子供が追いかけっこを始める。

(追う側:6歳ほどの姉/

    追われる側:2,3歳ほどの弟)

2. 弟がこける。→泣くのではなく、笑顔

3. 弟が自力で立ち上がるまで待っている。

4. 名前を呼んで注意をする。

→周りに迷惑がかかる、または

    子供に危険が及ぶと判断するまで

    したいようにさせている印象でした。

5. 姉弟ともに追いかけっこをやめる。


〈感想〉

子供を注意をする時には「やめなさい」

などの注意の言葉そのものを

発するのではなく、名前を呼んで

察しさせる傾向にありました。


③ 子供

⚪︎遊具の遊び方が分からずに躊躇する子供

 1. 母親が1回遊んで見せる。

 2. 真似をして遊び始める。

 3. 遊んでいる時は常に笑顔でいる。

 4. 上手くできたら「これ見て!」と

     母親が注目するまで言い続ける。

 5. 段々と、独自の遊び方をし始める。

 6. 親が帰ろうとしているが、

     遊びに夢中で付いて行こうとしない。


〈感想〉

・子供は何かを達成すると

    他人に見せたがり

   その瞬間が1番無邪気でした。

・子供は大人よりも吸収がはやい?

・子供が没頭していることを

    中断してはダメで、飽きるまで

    待つことが大切だと思いました。


〈全体の感想〉

今までの行動観察での反省点を意識して

フィールドワークを行ったのですが

まだ対象の細かな動作や表情などの情報を

見逃してしまいがちだと思いました。

更に「何を記録すべきか」の判断が

難しく、経験を積む必要性を感じました。

広告を非表示にする