9. 振返り


今日は「観察調査のデータ分析」に関する

これまでの活動を

個人とチームの観点から振返りました。

活動の最後に内省をすることで

改善点やチームの個性に

気づきやすくなりました。

それをふまえて

①作業が単調化してきたら

    目的や背景を意識する

②難しく感じる事も

    ひとまず手を動かして始めてみるという

反省点を今後に生かそうと思います。

広告を非表示にする

8. 分類

今日は、各々が観察し、記録した

工作体験をする子供の行動データを

分類し、分析につなげるという

グループワークを行いました。

自分のグループでは

「周りの影響を受けている子供が多い」

という意見が出たことで

①周りの子供

②隣に座る親

③工作体験の進行方法などの環境

という3つの受動的な影響による

子供の行動を分類することにしました。


他のグループは、違った角度から

データを細分化していたので、

「分類の仕方に正解はない」ことの意味を

理解できました。また、自分の課題として

挙げられるのは、抽象的な指示を

行動に移すことに対する

苦手意識を克服することだと思いました。

広告を非表示にする

7. 個性


今日は

夏休みの思い出を共有し合いました。

他の方々はそれぞれ

印象に残る経験をしていて、 

それらのエピソードを聞く度に

自分の経験値の低さを痛感しました。

また、1人1人の話し方の特徴や

趣味・嗜好などを知ることができたので、

休みの過ごし方の共有によって

個性を把握しやすくなりました。


今後とも継続する目標としては

①映像の知識を深める

②英語の力をつける          です。


好奇心をなかなか行動に移せていない

傾向にあるので、計画倒れにならないよう

着実に決めたことを

こなしていこうと思います。

広告を非表示にする